山本祐司 書道 作品 実演 教室





2009年個展 『山本祐司展 -書の表現-』
2009年10月8日~11日 安城市民ギャラリー
後援 
安城市 安城市教育委員会

 

2009年10月、

愛知県にて4回目の秋の個展。

 

安城ホームニュース記事

書道美術新聞記事

 

今回テーマにしたものは

布、あかり、陶芸などの書表現。

 

机の上には、筒状のあかりや

和風モダンな行灯、呉須の茶碗です。

大きなテーブルクロスも作品です。

 

和の趣が現代に映える、

モダンで彩り豊かな会場になりました。

 

京都の丹後の染色作家との

コラボレーションのきもの。

美しいオレンジ色が鮮やかです。

 

平安時代の和歌のふすま。

シンプルで上品な色合いです。

 

奥に見えるのは、バスローブ風に

簡単に着ることができる絹の羽織物。

 

左端は、淡墨の文字に

銀の箔を組み合わせた着物の帯。

 

今回の一番大きな作品は、

5m×120cmの長条幅。

(写真はありません)。

 

小品は、さまざまな額にしました。

竹を編んで漆で仕上げたものを使ったり、

シンプルな無地の布のものを使ったり、

いろいろ取り入れてみました。

 

今回の個展も、

さまざまな年代の方に

ご来場いただきました。

 

伝統の美だけではなく、

さらに若い方にも親しめる作品をと

考えております。

 

今後とも精進してまいります。

何卒よろしくお願い申し上げます。


写真集に戻る